まとめてホイホイ

2chのニュースや芸能、社会や政治、経済、私が気になった記事をまとめています。よろしく。

    カテゴリ:ドラマ > 真田丸

    戦国時代最後の名将・真田幸村の生涯を描き、ブームとなった
    NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)は
    18日、10分拡大版で最終回(第50話)を迎えた。

    --------------------
    ヒットメーカー・三谷幸喜氏(55)の冴え渡る脚本、主演の堺雅人(43)をはじめとした
    芸達者なキャストの熱演がユーモアを交えながら骨太な人間ドラマを形作り、初回から人気沸騰。
    普段時代劇を見ないデジタル世代を巻き込み、1年間SNS上で反響を呼び続けた。
    インターネット上には放送終了を惜しむ声、感謝の声が相次ぎ「真田丸ロス」が広がった。
    クランクアップ時に非公開だった場面は視聴者に“衝撃”を与えた。


    --------------------
    豊臣と徳川との最終決戦、大坂夏の陣(慶長20年、1615年)が始まった最終回。
    大坂城を出て、野戦に持ち込む幸村(堺)だったが、形勢は圧倒的に不利。
    死を覚悟した茶々(竹内結子)に、幸村は「望みを捨てなかった者にのみ、道は開ける」と諭す。
    やがて毛利勝永(岡本健一)らの活躍により、戦況は一転。
    豊臣方は徳川軍を次々と撃破。
    幸村は徳川家康(内野聖陽)ただ一人に狙いを定め、たった一騎で突き進む…という展開だった。


    --------------------
    1年2カ月に及んだ撮影は10月27日に最終日を迎えたが、クランクアップは異例の非公開。
    最後に撮影されたのは安居神社の境内、幸村最期のシーンだった。
    真田家に仕えてきた忍び・佐助(藤井隆)の年齢が、幸村(49歳)より年上と判明。
    最後の最後も視聴者の爆笑を誘った。


    --------------------
    SNS上には
    「歴史に残る名作大河の最終回として、ふさわしいものだったと思います」
    などと絶賛の声が続々。

    「もう言葉がありません。序盤から涙が止まらないし、朝まで泣いてるかもしれません」
    などとネット上も涙、涙。

    「もう感無量。100点、1000点、いや1万点。出演者、スタッフの皆さんに感謝です。
    今回も歴史は変わりませんでしたが、ただ悲しいわけじゃない。
    見終わったら心に不思議な風が吹きました」
    などの書き込みが相次いだ。


    全文はソースで
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000139-spnannex-ent

    前スレ
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482062497/

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    ★おすすめ記事★


    【【真田丸の最終回】 「マジでラスト真田の騎馬隊はビビった 」 【ネタバレ】】の続きを読む

    お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉(44)がNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の第49話(11日放送)に、信濃の国衆・室賀正武(西村雅彦)の息子・室賀久太夫役で出演。
    正武と因縁のある真田信之(大泉洋)から“名言”「黙れ、小童!」を食らった。

    --------------------
    室賀正武と言えば、真田昌幸(草刈正雄)が信濃の国衆たちの意見をまとめようと尽力する中、
    信幸(信之)が口を開くたびに「黙れ、小童!」と一喝するのが決まり文句になった。
    大泉ら出演者の間で「これはもう流行語大賞だ」と盛り上がったほどだった。

    --------------------
    放送初期は“小童”だった信之も第49回は上田領を治める大名に。
    約30年の時を経て、信之が正武の息子・久太夫と遭遇したのは徳川の陣営だった。
    久太夫にとって信之の父・昌幸は父のかたき。
    信之とその叔父・信伊の行く手を阻み、押し問答となる。

    --------------------
    「通すわけにはいかぬ。わが父、室賀正武は真田安房守(昌幸)の罠にはまり…」
    と申し立てる久太夫をさえぎり、信之がまなじりを逆立て

    「黙れ、小童!」

    と一蹴。
    久太夫は「すいません」と漏らし、目を見開くだけだった。


    全文はソースで
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/11/kiji/K20161211013890780.html





    【大泉洋「黙れ、小童!」 怒鳴られた人はこの人。】の続きを読む

    NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の第44話「築城」が6日放送された。
     
    タイトルバックなどが入るオープニング映像が、エンディングで使用される異例の演出にSNSなどでは驚きの声が広がった。

    --------------------
    真田丸オープニングのタイトルバックは、バイオリン奏者・三浦文彰さんがソロパートを演奏する服部隆之氏作曲のテーマ音楽がかかり、
    美しい情景で構成された映像と出演者らのテロップが流れる。

    この日の放送では「真田丸」の題字が映ったあとに、

    オープニング映像を“飛ばして”有働由美子アナウンサーのナレーションが始まった。

    --------------------
    インターネット上では

    「真田丸がいつもと違う」
    「オープニングのテーマ曲が聞きたかったのに、省かれた…」

    と視聴者がざわつく中、ドラマは進行。

    --------------------
    そして終盤のクライマックスで徳川勢を迎え撃つための砦(とりで)、
    六文銭ののぼりが多数掲げられた巨大な真田丸が完成する。

    高梨内記(中原丈雄)に「城の名はなんとします」と問われた真田幸村(堺雅人)が

    「決まっているだろう、真田丸よ!」


    【【驚愕】 おや?今日の「真田丸」、演出がおかしいぞ・・・? 視聴者が騒然に!?】の続きを読む

    このページのトップヘ