まとめてホイホイ

2chのニュースや芸能、社会や政治、経済、私が気になった記事をまとめています。よろしく。

    カテゴリ: ドラマ

    ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の最終回ではキスが2回、ハグはいくどとなくあったガッキーと星野源(35)。それを見る限りでは2人は“デキている”のでは? と思わせるほどだった。

    --------------------
    しかし、まるで狙っていたように「新・魔性の女」と呼ばれる二階堂ふみ(22)が、
    疎遠になっていたモテ男・星野と同じマンションに引っ越すという、“再略奪”を狙った行動に出たという。

     
    「二階堂と星野が同じマンションに住んでいることは、12月8日発売の女性セブンが報じたことで発覚しました。実際、2人は現在、同じ都内の高級マンションに居住。
    フロアこそ違いますが、もともと星野が長年住んでいた物件に数カ月前、
    二階堂が“追っかけ”のごとく引っ越してきたというのです」
    (芸能記者)


    --------------------
    2人は'13年9月公開の映画『地獄でなぜ悪い』で共演し親密に。
    星野は、当時交際していたaikoと別れ、二階堂に乗り換えたとみられていた。
    【【逃げ恥】ガッキーvs二階堂ふみ!?水面下で星野源を取り合う【仁義なき女の戦い】勃発?】の続きを読む

    戦国時代最後の名将・真田幸村の生涯を描き、ブームとなった
    NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)は
    18日、10分拡大版で最終回(第50話)を迎えた。

    --------------------
    ヒットメーカー・三谷幸喜氏(55)の冴え渡る脚本、主演の堺雅人(43)をはじめとした
    芸達者なキャストの熱演がユーモアを交えながら骨太な人間ドラマを形作り、初回から人気沸騰。
    普段時代劇を見ないデジタル世代を巻き込み、1年間SNS上で反響を呼び続けた。
    インターネット上には放送終了を惜しむ声、感謝の声が相次ぎ「真田丸ロス」が広がった。
    クランクアップ時に非公開だった場面は視聴者に“衝撃”を与えた。


    --------------------
    豊臣と徳川との最終決戦、大坂夏の陣(慶長20年、1615年)が始まった最終回。
    大坂城を出て、野戦に持ち込む幸村(堺)だったが、形勢は圧倒的に不利。
    死を覚悟した茶々(竹内結子)に、幸村は「望みを捨てなかった者にのみ、道は開ける」と諭す。
    やがて毛利勝永(岡本健一)らの活躍により、戦況は一転。
    豊臣方は徳川軍を次々と撃破。
    幸村は徳川家康(内野聖陽)ただ一人に狙いを定め、たった一騎で突き進む…という展開だった。


    --------------------
    1年2カ月に及んだ撮影は10月27日に最終日を迎えたが、クランクアップは異例の非公開。
    最後に撮影されたのは安居神社の境内、幸村最期のシーンだった。
    真田家に仕えてきた忍び・佐助(藤井隆)の年齢が、幸村(49歳)より年上と判明。
    最後の最後も視聴者の爆笑を誘った。


    --------------------
    SNS上には
    「歴史に残る名作大河の最終回として、ふさわしいものだったと思います」
    などと絶賛の声が続々。

    「もう言葉がありません。序盤から涙が止まらないし、朝まで泣いてるかもしれません」
    などとネット上も涙、涙。

    「もう感無量。100点、1000点、いや1万点。出演者、スタッフの皆さんに感謝です。
    今回も歴史は変わりませんでしたが、ただ悲しいわけじゃない。
    見終わったら心に不思議な風が吹きました」
    などの書き込みが相次いだ。


    全文はソースで
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000139-spnannex-ent

    前スレ
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482062497/

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    ★おすすめ記事★


    【【真田丸の最終回】 「マジでラスト真田の騎馬隊はビビった 」 【ネタバレ】】の続きを読む

    ◆ガッキ?主演「逃げ恥」第10話が15分拡大SPで放送 かわいすぎる二人にムズキュン必至

    新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(以下、「逃げ恥」)の第10話が、15分拡大で放送される。
    先週放送の第9話は平均視聴率16.9%と高視聴率を獲得。
    初回からこれまで、一度も視聴率を落とすことない異例の人気ぶりとなっている。

    --------------------
    「逃げ恥」は、森山みくり(新垣結衣)と津崎平匡(星野源)が従業員と雇用主としての契約結婚をすることから恋が始まるラブコメディー。
    作中に散りばめられた「ムズキュン」(じれったくムズムズするところに胸キュンすること)が人気の秘密だ。
    【『逃げ恥』第10話 なんと拡大SPで放送 二人の気持ちがより深くなる話に!?【ネタバレ】】の続きを読む

    ◆「逃げ恥」で大ブレーク 星野源“天は三物”に事務所の戦略

    ドラマ界からポスト・濱田岳、音楽界からはポスト・福山雅治、出版界からポスト・又吉直樹…
    …いまやあらゆる業界から引く手あまたの存在になっているのが、マルチな才能を武器にブレーク中の星野源(35)。
    【『逃げ恥』で大ブレークの星野源が、才能豊か過ぎて関係者の間で嫉妬の嵐らしい。】の続きを読む

    お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉(44)がNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の第49話(11日放送)に、信濃の国衆・室賀正武(西村雅彦)の息子・室賀久太夫役で出演。
    正武と因縁のある真田信之(大泉洋)から“名言”「黙れ、小童!」を食らった。

    --------------------
    室賀正武と言えば、真田昌幸(草刈正雄)が信濃の国衆たちの意見をまとめようと尽力する中、
    信幸(信之)が口を開くたびに「黙れ、小童!」と一喝するのが決まり文句になった。
    大泉ら出演者の間で「これはもう流行語大賞だ」と盛り上がったほどだった。

    --------------------
    放送初期は“小童”だった信之も第49回は上田領を治める大名に。
    約30年の時を経て、信之が正武の息子・久太夫と遭遇したのは徳川の陣営だった。
    久太夫にとって信之の父・昌幸は父のかたき。
    信之とその叔父・信伊の行く手を阻み、押し問答となる。

    --------------------
    「通すわけにはいかぬ。わが父、室賀正武は真田安房守(昌幸)の罠にはまり…」
    と申し立てる久太夫をさえぎり、信之がまなじりを逆立て

    「黙れ、小童!」

    と一蹴。
    久太夫は「すいません」と漏らし、目を見開くだけだった。


    全文はソースで
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/11/kiji/K20161211013890780.html





    【大泉洋「黙れ、小童!」 怒鳴られた人はこの人。】の続きを読む

    このページのトップヘ