1年間で100万部減少

新聞発行部数の減少に歯止めがかからない。
日本新聞協会がこのほど公表した2016年10月時点の新聞発行総部数は4327万6147部と、1年前に比べて2.2%減少した。部数にして97万部の減少である。


一昨年(2014年10月時点)は3.5%の減少、昨年(2015年10月時点)は2.5%の減少と、減少率こそ小さくなっているものの、1年間で100万部近い減少が続いており、とても下げ止まる気配は感じられない。
まさに音をたてて崩壊している感じだ。

--------------------
新聞発行部数をグラフに描いてみると、2008年に大きな屈折点があったことが分かる。
リーマンショックで景気が大幅に悪化したことから、会社や家庭で新聞購読を止める動きが広がったのだろうという想像はつく。 

だが、その背景にはインターネットやスマートフォンの普及があるのは間違いない。
「ニュースを知るために新聞を読む」という行動が急ピッチで失われているのだ。

--------------------
新聞発行部数が急激に減っている一因に、新聞社が慣行として行ってきた「押し紙」をやめ始めているため、という事情もあるとされる。

「押し紙」とは、新聞社が販売店に余分な新聞を買わせることで、見かけ上の新聞発行部数を「水増し」することに狙いがある。
過去十数年にわたって業界の悪弊として問題視されてきたが、2016年になっても依然として続けている新聞社が少なくないとみられる。

--------------------
2016年3月末には朝日新聞社が公正取引委員会から「注意」を受けていたという話が本コラムhttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/48396でも報じられている。

新聞社が発行部数を「過大」申告したがるのは、広告料金に直結するからだ。
発行部数が多ければ多いほど、広告効果が期待できるとして、高い広告料金が設定されていた。
広告主に高い広告代金を払わせるには、部数が大きくなければ都合が悪いわけだ。

もちろん、新聞の部数は日本ABC協会が認定する部数(ABC部数)が公表されているから、架空の数字を申告するわけにはいかない。
そこで、実際に印刷して販売店に押し付ける「押し紙」が常態化したわけだ。
販売店に届けられた「押し紙」は封が切られることもなく、そのまま古紙回収業者などに回される。
そんな光景が何度か週刊誌のグラビアを騒がせてきた。

だが、広告主もバカではない。
今ではすっかり新聞広告の宣伝効果が乏しい事を見抜いている。
部数の水増しも知れ渡るところとなり、新聞社は印刷代や紙代がかかる押し紙を維持する必要が薄れてきた。
それが新聞協会の部数減に表れているというわけだ。

--------------------
だがどう見ても、押し紙を止めただけの影響とは思えない。実際、新聞離れが深刻になっているのは間違いないだろう。
総発行部数のピークは1997年の5376万部。19年で1000万部減ったわけだ。

いやいや、デジタル版に置き換わっているのではないか、という指摘もありそうだ。

実際、日本経済新聞は1月7日のニュースとして、「日経電子版、有料会員50万人に 20代読者がけん引」とする記事を掲載している。
2016年に日経電子版の有料会員になった人のうち20代が4万人超と34%を占め、最大だったという。
新社会人などが電子版を契約しているというわけだが、それだけ若い世代の「紙離れ」が顕著になっているということでもある。

その記事にもグラフが付いていたが、米国のニューヨークタイムズの有料会員が155万人、米ウォール・ストリート・ジャーナルの有料会員が96万人と、今や新聞は世界的にみてもデジタル化が主流だ。

それならば新聞社は安泰だと思われるかもしれないが、そうではない。
紙の新聞の広告料金とデジタル版の広告料金では雲泥の差がある。
紙が減って広告収入が減れば、デジタル版の購読料がいくら増えても追いつかない。
新聞社の経営は決して楽にならないわけだ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




新聞が崩壊しようが、大衆は永遠にメディアに騙され続ける。
ネット連中を見ていれば、普通はそう思う。
橋下や小池を熱烈に支持するネット連中は、メディアに踊らされて小泉構造改革や民主党政権交代に熱狂した大衆にそっくりだ。


オートロックのマンションに引っ越したら自宅まで届けてくれないから解約した
毎朝下までいくのめんどくさい

の記事の著者には悪いが、

>メディア自身が自らきちんとしたコンテンツを作る動きが徐々に広がっていくのではないか、と期待しているのだ。

自分らの主張に対峙する側の「噂」に対して、相手に取材しないで報道して何が悪い、
と言い放つ報道制作者に対して、それを積極的に肯定する連中がいる以上、
「きちんとしたコンテンツを作る」という機運が醸成するということは絶望的なことのように思う。

結局、それは自滅的行為なわけだが。
自分らがそうしないと言っているということは、相手側がそうしたとして文句を言う立場にはない、ということなわけで。


朝日新聞の逆をやるのが正しい、朝日新聞の反対が正しい。
うーん、正しい選択をするためには、やっぱり朝日新聞を読まないとダメなのか。
早く、潰れてしまえと思っているのに、購読しないと正しい選択ができない。
何だ、このパラドクス。

--------------------
わざわざ金払って偏った思想を読むなんてバカしか居ないだろ

--------------------
なぜわざわざデマだらけの情報を購入して見なきゃならんのだ
便所紙にすらならん

--------------------
嘘ばっかり書いてるしパヨクの工作資金になるだけだからな

--------------------
購読する理由がない

--------------------
オワコン

--------------------
慰安婦問題なんかをねつ造するからだろww 自業自得

--------------------
今時どんな奴が新聞なんて見てんの?

--------------------
これでも水増した数字なんだろ。

--------------------
インターネットやスマートフォンの普及と「押し紙」をやめ始めただけか?
肝心なことに触れないと正確な分析はできないよ朝日さん毎日さん

--------------------
広告ってより思想押し付けのがきついんじゃね

--------------------
資源の無駄使いには完全スルーな守旧メディアなんて潰れろよ 押紙やろうがよ
恣意的な意見を押し付けるだけの強制力も無くなったし
存在意義がもう既にないんだよ

--------------------
こんな未来のない糞媒体に軽減税率だとよw

--------------------
スポーツ新聞はもっとヤバいけどね

--------------------
新聞読むと知性が下がりそうだもんな

--------------------
バブルの頃なんか酷かったよ
1ヶ月だけでいいから取ってくれって拡張員が洗剤から映画チケットやら何でも置いてく
ただし真面目な奴だけじゃなくて、半分位はチンピラがやってて1度ドア開けたら最後、ハンコ押すまで帰らないし平気で足とか蹴って怒鳴りちらしたり

--------------------
金を出して古い情報を買うのはバカのやること

今の時代に新聞が生き残ろうとするなんざ無理



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村